バイオガス発電などでエネルギーを補充|エコな効果を再発見!

注目のエネルギー資源

男性

2011年の東日本大震災と福島原子力発電所の事故を受け、再生可能エネルギーの需要が急速に高まっています。再生可能エネルギーとは、石油や石炭などのように、使ったらなくなってしまうものではなく、自然が普遍的に持っている力を利用するので、一度使ってもすぐに再生が可能で、なくなることのないエネルギーのことです。どんなものがあるかというと、太陽熱や太陽光発電、風力発電、地熱や地中熱、バイオガスを利用した発電、などなど・・。詳しい説明は後のページでしますが、これらの中で最も知られていて、普及も進んでいるのが、太陽光発電でしょう。個人宅の屋根に太陽光発電のパネルが乗っている光景も珍しくなくなりましたし、リフォームのチラシでも、太陽光発電の導入広告が必ず載っています。

風力発電も、いくらか普及が進んでいますし、目に見える施設なのでイメージしやすいですね。風車を使って、風のエネルギーを電気に替えるものです。地熱と地中熱は、同じものかと思われるでしょうが、地熱は、マグマや温泉など、火山性の熱がエネルギー源になります。一方、地中熱発電は火山に関係がなく、太陽によって温められた地面の中で発する熱源になります。地熱は1000m以上の深さで200℃以上という高温のエネルギーで、地中熱発電は深さ200mまでという違いもあります。最近導入が増え、話題になることも多いエネルギーがバイオガス発電です。生ゴミや家畜の排泄物を発酵させて作られるガスです。このバイオガスを燃焼させて、電気エネルギーに変えることができます。バイオガス発電は、廃棄物処理の観点から研究が進められてきましたが、現在は、次世代のエネルギー源として有望視されています。

ゴミが宝に

現場

日常生活で使わない物は多くの人がゴミ箱に捨てています。ですが、現在の科学力であるバイオガス発電を利用することで、捨てる予定のゴミをエネルギーに換えることができるのです。

詳しくはコチラ

風や地中のエネルギー

スタッフ

自然の力を使うことでエネルギーを補充することがでいます。例えば、太陽の光を使った補充方法、風の力を借りた手段、地中の熱を使った地中熱発電などがあるので利用するといいでしょう。

詳しくはコチラ

地中熱を利用する

現場スタッフ

温度差が高くなるとその分生み出されるエネルギーは大きくなります。現在、多くの方が注目しているエネルギーは地中熱利用となっています。安定して利用出来るので今後注目されるエネルギー利用システムとされています。

詳しくはコチラ

Copyright© 2016 バイオガス発電などでエネルギーを補充|エコな効果を再発見!​​ All Rights Reserved.